めんどうくさい子供の夏休みの自由研究をストレスなく乗り切る方法

子育て
Sponsored Link

『子供の夏休みの自由研究をすぐに終わらせる方法ってないかな。おすすめのテーマはどれ?』

『いつまでたってもテーマを決められずいつもギリギリで騒ぎだしてうんざり。どうにかしてパッと決めてサッと終わらせる方法を知りたい』

『なんでもいいけれど途中で挫折しないものを選んでもらうにはどうしたらいいか教えてほしい』

こんなこと思っていませんか?

子供の夏休みの自由研究。

何かいいアイデアある?と聞いてきてアドバイスを出したら「それはイヤ、そういうのはダメ」と文句を垂れる。

子供がうまくできなくて困っていそうだからと手伝おうとすると「手を出さないで!」と怒る。

かといって何もしないでいると「宿題終わってない!どうしよう!?」と騒ぎ出す…

結論として、こちらがストレスにならないようにするには、夏休み前に子供と話し合って段取りをしておくとストレスなく夏休みの自由研究を終わらせることが出来ます

夏休みの自由研究のテーマが決まらなかったり、途中で挫折する理由には、子供自身ができる範囲内で負担にならないものを選んでいないからです。

とくに、1年生の場合や毎年挫折している子は、どうやって決めたらいいか子供自身でもよくわかってない(笑)

夏休み初日1日で決めろなんて無理な話です。

考える時間、迷う時間、決めるまでの選ぶ時間が足りなさすぎるし、

理想と現実のギャップを埋めないまま安易に選んでしまうので途中でうまくいきません。

【本記事の内容】

  • 子供の夏休みの自由研究は夏休み前にテーマを決めて準備する
  • 子供の夏休みの自由研究は必ずやらなきゃダメなわけではない
  • 夏休み前に段取りをしてストレスなく子供の夏休みの自由研究を乗り切ろう

子供の夏休みの自由研究をストレスなく乗り切りたいあなたは、ぜひ記事をご覧ください。

Sponsored Link

子供の夏休みの自由研究は夏休み前にテーマを決めて準備する

子供の夏休みの自由研究は夏休み前にテーマを決めて準備する

夏休み前から自由研究を始めておくとスムーズ

夏休み前にテーマを決める場をつくって子どもに決めさせます。

1日限りではなく、6月もしくは7月の上旬のうちから「今年の夏休みの自由研究は何する?」

「もし今夏休みの自由研究をするなら何する?」とイメージさせるのです。

自由研究をしているところ、完成したところを褒められているところ…をイメージさせます。

子供でも大人でも人間はこうしたい、ああしたい、あれがほしい、これがほしい

というように感情で動く生き物なので、

子供に「これやりたい!」と思わせればもうあとは準備するだけ。

すぐに準備して、夏休みの研究を始められるようにしてください。

ここで「でもねぇ、時間ないし…」と悩んだり、夏休みがはじまってからでいいかと後回しにしているといつまで経っても始められず、

その間に子供の興味はあちらこちらへと移り変わっていってしまいます。

子供がやる気になっているうちに準備万端にして、もう始めてしまいましょう

100円ショップに連れて行くと決まりやすい

娘が1年生になった時に6月の間から何する?どうする?とイメージさせようとしていましたが、なかなかコレ!といったものが浮かばないので、100円ショップに連れて行きました。

100円ショップだとイメージが固まりやすく、子供が「これにする!」と決めたら、材料費も安くすぐに準備ができるので一石二鳥です。

何かを作るのが大好きな娘はハンドメイドコーナーでイメージが固まったのか、「これ作る!」

と持ってきたのは紙粘土。

ちょうど紙粘土にハマっていた時期で、紙粘土でパスタ料理やお菓子を作るとか…

なるほど。

「それじゃあ、お皿が必要だね」と小さなプラスチックの皿も一緒に買ったら大喜び!

私はいつから始めてとも何も言ってないのに帰ってからすぐに作り始めました。

まずは

すぐに子供の「やりたい!」が叶えられる環境を整えてあげることが大事。

自分から夏休みの自由研究にとりかかってくれます。

 

子供の夏休みの自由研究は必ずやらなきゃダメなわけではない

子供の夏休みの自由研究は必ずやらなきゃダメなわけではない

小学校に入ったばかりの1年生だとテーマが決められないということがあります。

うちの息子が1年生の時はなかなか決められず、全く手を付けずに未提出でしたし、

私は小学校6年間夏休みの自由研究をしなかった人です。

毎年すっかり忘れていて、

新学期学校でクラスの子たちが自分の作品を見せあいっこしているのを見て、

しまったああああわすれてたあああΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

という感じで、毎年未提出…

もう高学年になると「自由研究だからやらない選択もあるでしょ」と開き直っていました。

私も息子も未提出なのを先生に注意されなかったので、意外と夏休みの自由研究は絶対に提出しなければならないというわけではないようです。

どうしてもストレスになるのであれば思い切って夏休みの自由研究をしないというのも1つの手ですよ。

夏休み前に段取りをしてストレスなく子供の夏休みの自由研究を乗り切ろう

夏休み前に段取りをしてストレスなく子供の夏休みの自由研究を乗り切ろう

以上『めんどうくさい子供の夏休みの自由研究をストレスなく乗り切る方法』でした。

  • 夏休み前から子供と話し合ってテーマを決めて準備しておく
  • 100円ショップに連れて行くとイメージが湧きやすい

です。

夏休みの自由研究は子供が自分で決めたことを最後までやり抜く力と自主自学の力を磨くという形で学校側から与えられているのかなと思います。

子供の夏休みの自由研究をストレスなく乗り切りたいあなたは、ぜひやってみてくださいね!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました