いつからがいいの!?子供の映画館デビュー

子育て
Sponsored Link

息子が保育園の時に「僕も映画館に行きたい!」と言ったのが子供を映画に連れていくことを考える始まりでした。

当時はまだ赤ちゃん連れOKの映画館が少なく、私1人で小さな子供2人を連れての映画館は難しかったので、下の娘が息子と同じ年になってから行こうねと言い聞かせて待ってもらいました。

子供と一緒に映画を観たいけど何歳頃から観にいけばいいのか?

何を観たら良いのか?何に気を付ければ良いのか?

といった悩みや疑問を抱えているあなたに映画館で子供を飽きさせないコツを含めてお伝えします。

Sponsored Link

子供が初めて映画を観に行く年齢はいつ?

今の時代は赤ちゃん連れOKの映画館のサービスがあるので生後1か月くらいからでも映画館に連れていけるのですが、子供が観たい映画を観るときは5歳前後が一番楽しめるのかなと思います。

なんとなく内容がわかる5歳前後

うちは息子が7歳、娘が5歳のときに映画デビューを果たしました。

2人ともアニメの妖怪ウォッチが大好きで、そのとき観たのが2017年12月公開の「妖怪ウォッチ シャドウサイド鬼王の復活」です。

「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」予告2

息子はストーリーがなんとなくわかる程度で最後まで楽しめたようですが、娘は途中で怖くなって一緒に一旦外に出て落ち着いてからまた中に入って観ていました。

いきなり映画館に行くのが難しいのであれば、地域の公民館や図書館などで開かれている20~30分くらいのミニ映画を観に行って映画の雰囲気に慣らしておくと良いです。

映画初デビューする子供におすすめの映画

子供が普段見ている好きな番組やキャラクターの映画がおすすめです。

普段見ているのでどんな内容なのか知っているし、好きなキャラクターが出てくるのならテンションも上がります。

毎年映画公開されているアニメだと、テレビ番組で映画の宣伝を何度もするので子供が映画を観たいという気にさせてくれます。

アンパンマン、きかんしゃトーマス、クレヨンしんちゃん、仮面ライダー、プリキュアなどが人気ですね。

子供と一緒に映画を観るときの注意点

子供の機嫌もよくてトイレも済ませたし安心していても、いざ映画が始まると「ママトイレ~」とか、「お腹痛いよ~」とか「もう帰りたい」とか・・・

ありますよね?

自由に出入りできる席を確保する

一旦映画館の外に連れて出ることもあるので、あらかじめ自分たちの座る席の目の前が通路の座席や3~5人座れる壁側の方の席に座ると良いです。

うちは私1人で子供2人連れて映画を観にいくので、子供が映画館の雰囲気慣れるまでは、いつでも出入りできる目の前が通路の座席か端の席を取っていました。

一番前が意外と穴場

足を延ばせる、足をぶらぶらバタバタできるので前に人がいないという点では一番前もおすすめです。

3歳くらいの子だと前の席に大人が座ってしまうと画面の下の方が見えなくなってしまうので、一番前の席で観るのがおすすめです。

一番前は全然人がいないので広々と使えますよ。

映画が終わるまで子供を飽きさせないコツ

ポップコーン

ディズニーの行列で子供を飽きさせないコツと同じで、ポップコーンは子供が飽きてしまうのを防ぐ神アイテムです。

沢山入っていて音を立てることなく食べることが出来るし、ポップコーンを食べている間の子供は食べることに集中するのでものすごく大人しいし、静かです。

映画館に入る前にあらかじめポップコーンを買っておきましょう。

赤ちゃん連れOKの劇場がある映画館

赤ちゃん連れの家族限定の劇場があります。

明るめの照明で、音量に配慮していて見守りスタッフがついているという赤ちゃん連れ歓迎の映画館では、ぐずって泣いてもOK、大きな声をあげてもお互いさまの精神で映画を楽しめるんですね。

MOVIX

赤ちゃんと一緒に入れる「ほっとママシネマ」。

上映スクリーン前にプレイスポット用意されていて、劇場内におむつ替えスペースやちょっとした授乳室もついています。

TOHOシネマズ

ママズクラブシアター」は授乳室やおむつ替えスペースは劇場の外にあるので、通路側の席を確保するのがおすすめです。

一番後ろの席は子供を立ってあやすことも出来ます。

子供におすすめな映画館

イオンシネマ

赤ちゃん連れOKのサービスはありませんが、売店のポップコーンが他の映画館より量が多くお得で安いので子連れの映画を観に行くときはイオンシネマがおすすめです。

サイズはスモール、レギュラー、ラージサイズの3つが基本でキッズサイズがあるところも。

イオンシネマで初めて売店のポップコーンをレギュラーサイズで購入したとき、TOHOシネマズのラージサイズ並みの大きさのバケツカップにあふれるほど山盛りてんこ盛りにこれでもかっ!というほど盛られたポップコーンの量にびっくりしました。

私は子供の頃からTOHOシネマズのみで他の映画館に入ったことがなかったんですね。

ポップコーンはどこも同じでしょーと思っていただけに、山盛りの袋付きで出てくるとはつゆ知らず、「えー!?こんなに食べきれないよ~~!!」と、わざわざスモールサイズに変えてもらいました。

キッズサイズでも子供が半分こしてようやくちょうど良い量です。

まとめ

子供向けの映画はだいたい1時間30分くらいです。

普段見ている番組よりずっと長く、いくら好きなアニメだからといっても子供は飽きてしまうこともあります。

体調が悪くなったり子供が嫌がるようなら無理せずにまた次の機会を狙ってみてください。

映画館で映画を観る前に家で映画のDVDを借りてきて観たり、Huluやなどの動画配信サービスで映画を見せてあらかじめ慣らしておくと良いでしょう。

赤ちゃん連れ限定の劇場は子供向けの映画だけでなく一般向けの映画も上映されています。

上映直前はトイレやおむつ替えスペースが混むので早めの行動を心がけると良いですね。

一般の劇場でも3歳~小学校入学前くらいの子が見る映画は、上映中に具合が悪くなったり、上映中にぐずついたり、トイレに行くために子供を連れて外へ出る親もちらほらいるので、そんなに神経質にならなくても大丈夫なのかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました