忙しくて大変!子供の保育園の日の時短食事のコツ

子育て
Sponsored Link

子供が保育園に通っていると何かと忙しいですよね。

とくに朝食と夕食は子供にかまけていると自分の時間が無くなってしまいます。

今回は保育園の日の朝が忙しく、仕事から帰ってきたときに動けない人のための朝食、夕食を作りのコツをお伝えします。

Sponsored Link

保育園がある日の時短朝食

中学生の時オーストラリアに行ったときに、スティ先の子供たちが自分たちで朝食を用意していました。

スティ先の家族構成は夫婦共働きの家庭で子供たちの年齢は8歳の女の子と5歳の男の子と2~3歳くらいの男の子の3人姉弟。

学校や保育園がある日の朝食はお手軽簡単なコーンフレークと果汁100%ジュースのオレンジやグレープフルーツジュース、休日は薄切りのパンにスクランブルエッグ、ソーセージ、サラダ、ヨーグルトといった感じでした。

私もこのスタイルを真似して子供が一人でも用意できるメニューを用意しています。

普段から子供が用意できるメニューを朝食にしていると、自分の用意の時間が出来たり、体調が悪いときも勝手にやってくれるのでラクちんです。

子供が一人でも用意できるメニュー

グラノーラやコーンフレークなどのシリアル

そのままでもいいし、ヨーグルトや牛乳、豆乳をかけるだけなので簡単です。

ランチパック

もう時間ない!遅刻寸前ってときはこれがおすすめ‼‼

中の具がはみ出して落ちることがないので子供の朝食にぴったりなんですね。

キレイにこぼさずに食べたいというこだわりが強い息子はランチパックにすると落ち着いてささっと食べてくれます。

自分で握って食べるマイおにぎり

和食派だとおにぎりが早いです。

  1. 子供のお茶碗にラップを敷く。
  2. ごはんを盛って中身の具を入れる。
  3. ラップで包んでおにぎりつくる。
具は自家製肉みそ

ラップでつくるおにぎりは洗い物が少ないという嬉しいオプション付き。

これは朝食でも夕食でもどちらでも使えます。

保育園がある日の時短夕食

子供たちが保育園に通っていた頃は、スーパーのお惣菜やお弁当屋さんのお弁当が多かったです。

仕事が終わって子供を保育園に迎えに行って帰ってくると、疲れ果てて本当に身体が動かないという日が多く、せっかく材料を安く買っていても作る気力がなくて結局食材を腐らせてしまって無駄になるのでスーパーやコンビニのお惣菜に頼っていました。

ご飯とみそ汁、納豆や豆腐などは家で用意してお惣菜に頼る時短調理ができる下ごしらえ調理済みの食材を買うようにしていました。

もう動けないほど疲れ果てている時はお弁当!

これが一番です。

私は料理が面倒くさいと感じる人間なので、手間暇かからない時短料理が食卓に並びます。

下ごしらえ不要の食材

カレーの具

カレー、シチュー、肉じゃがに便利です。

挽肉とカット野菜

袋から取り出してすぐ調理ができるので時短になります。

まとめ

保育園がある日は朝も夕方もバタバタしていますね。

なるべく自分に負担がかからないようにできるのが時短料理です。

普段から子供が用意して食べられる食事にしておくと自分の体調不良のときに勝手に食べてくれるので用意する手間が省けます。

夕食の時短のコツは買い物するときに、下ごしらえ不要の食材を買ってしまうことです。

こうすることで時短になるし、洗い物が減って自分自身の負担が軽くなるのでぜひ試してみて下さい!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました