パンのお供に!千葉県産落花生を使ったピーナッツバター6選

Sponsored Link

私の住んでいる千葉では落花生が名物で、殻付き落花生や殻をとったの身の部分のピーナッツを使った食品がたくさん出回っているんですね。

千葉といえばピーナッツといっても過言ではありません‼‼

その中でもピーナッツバターがお土産として注目されています。

ザクザク、ふんわり軽いクリーム、とろけるようなペースト、こってり濃厚なピーナッツバターなど…

パンに塗って食べたら最高ですよね!

この記事ではピーナッツバター好きのあなたに千葉県産の落花生を使ったピーナッツバターを紹介します。

Sponsored Link

ピーナッツバター

HAPPY NUTS DAY(ハッピーナッツデイ)

楽天市場のピーナッツペーストランキング1位 の「PEANUT BUTTER ピーナッツバター(粒あり)」は 3か月で3万個販売されている大人気のピーナッツバターです。

110g1200円、240g2400円くらいしますがその価値あり!の一品です。

原材料は落花生と甜菜糖と塩の3つだけなので子供に安心して食べさせられるピーナッツバターなんですね。

1個100円や200円くらいのピーナッツバターに慣れているとイメージよりも甘さ控えめに感じますが、本来のピーナッツのうまみがぎゅっと詰まっていて濃厚でコクがあり美味しいのでピーナッツバター好きの人にギフトとして贈っても◎

粒ありタイプはピーナッツの粒をかめばかむほど香り高い味わいが口の中いっぱいに広がっていきます。

千葉の九十九里浜のガラス食器店スガハラファクトリー内にあるSghr cafeでも販売しています。

欧都香(おおつか)

千葉市にある老舗の落花生店です。

甘さ控えめで柔らかくシャリシャリとした食感の「ピーナッツバター」は有糖タイプと料理に使える無糖タイプがあります。

ピーナッツバター好きの祖母がこのピーナッツバターの大ファンで、遊びに行ったときに必ず欧都香のピーナッツバターが冷蔵庫に入っています。

こちらのピーナッツバターは歌舞伎役者の市川海老蔵さん御用達の2つのピーナッツバターのうちの1つで(もう1つは後述の鈴市商店のもの)

トーストした焼き立ての食パンに塗るとスーッと滑りながらとけていくなめらかさとピーナッツの素材の美味しさを堪能できます。

お店はJR総武外房線の鎌取駅と誉田駅の間にあって周囲には何もないので車で買いに行くのがおすすめ!

高級食材スーパーのTHE GARDENで売っていることもあるので近くにあればチェックしてみてください!

落花生専門店 鈴市商店

鈴市商店の「クリーミーピーナッツバター」は甘さ控えめでねっとりなめらかクリーミーな味わいです。

香料や保存料を一切使用してないので落花生本来の味と香りを楽しめます。

市川海老蔵さんの御用達ピーナッツバターの2つ目で、これに欧都香(おおつか)のピーナッツバターを混ぜて食べると美味しいんだとか…。

千葉県内のイオンに売っていることが多いので探してみてください。

やちまた よしくら

千葉県八街産の高級落花生を使ったピーナッツバター専門店です。

落花生の薄皮ごとペースト状にしたものは無添加無着色で安心!

なめらかな仕上がりのスムースタイプとピーナッツを荒く砕いたクランチタイプの2種類あって、それぞれノーマル、無糖、無塩無糖が選べます。

なかでも「Love Boat ピーナッツバタークランチ」のザクザクした食感はアイスクリームのトッピングやバナナにつけて食べると最高です!

お店で販売しているほかに東京駅、新丸ビル内の「日本のご馳走えん」でも手に入ります。

成田ゆめ牧場

牧場内の牧場創菓momomで売っている「過激な牛乳ピーナッツバター」は、牧場内で砕いた荒削りのピーナッツにピーナッツバターとこだわりの牛乳を混ぜ合わせたクリームタイプのピーナッツバターです。

“過激”という名がつくほどヤバイ濃厚なクリーミーながらも甘すぎずしつこくないのでペロリと食べられてしまいます。

舌触りがサラっとしているので、ピーナッツバターをスプーンに取ってそのまま食べると止められなくて大変です(笑)

スコーンにのせて食べたり、フランスパンなどの硬めのパンでにも合いますよ!

バウムクーヘン806

バウムクーヘン806はオンラインバウムクーヘン専門店で、ここの手作り濃厚ピーナッツバターの「TORAKICHI PWANUT BUTTER」は濃厚で甘すぎずピーナッツの味わいがしっかりしています。

原材料は落花生と甜菜糖だけ。

余計なものが入っていないので子供にも安心して食べさせることが出来るんですね。

オンラインショップで手に入るほかには木更津の道の駅うまくたの里売でもっています。

千葉県の落花生の種類

千葉で生産されている落花生の種類は5種類です。

  • 千葉半立
  • 中手豊
  • Qなっつ
  • 郷の香(さとのか)
  • おおまさり

殻付きのまま焙煎しただけの落花生をそのまま殻をむいて食べるか、掘りたての落花生をそのまま茹でて食べる方法があります。

焙煎落花生に向いている品種が千葉半立、中手豊、Qなっつ

ゆで落花生に向いている品種が郷の香、おおまさり

千葉では殻をむいて食べるのがポピュラーな食べ方で子供の頃はおやつに出たり、大人がお酒のつまみに食べているところをもらったりして食べていました。

私は茶色い薄い渋皮を剥くのが面倒くさくて殻付きや薄皮付きのものはあまり好きではなく、すでに薄皮が向かれているピーナッツやバタピー(バターピーナッツ)を好んで食べていました。

バタピーは食べ出すとやめられない美味しさで食べすぎてよく怒られましたね。

まとめ

千葉県産落花生を使ったピーナッツバター6選でした。

余計な添加物が入っていないものが多く子供に安心して食べさせることが出来ます。

焼き立てのトーストに塗って食べてもよし!

スコーンやクラッカーに塗ってもよし!

無糖のものをアイスクリームにトッピングしたり、料理やお菓子作りに使っても美味しいです。

この機会にぜひ試してみて下さいね♪

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました