休みがほしい!ワンオペ育児の上手な休み方

子育て
Sponsored Link

ワンオペ育児をしていて何がストレスになっているかというと

普段の日常生活も思い通りに行かないし

自分の心や身体のケアさえもままならないのに

次から次へと問題が発生!

自分があと2人か3人いればいいのになぁ…

そう思ったこと、ありませんか?

今回は

  • 育児疲れでヘトヘトなのに、休めない
  • 週に1日でもいいから子供と離れたい
  • ストレスが溜まりすぎて発狂しそう

という悩みや要望を持っているあなたに上手な休み方を提案します。

Sponsored Link

自分だけの時間をつくる

自分1人だけ休むことに罪悪感を持つ人がいますが、

逆説すると休まずに本来の子育ての質が十分に発揮されず、ストレスで子供に当たるほうが罪悪感になるのではありませんか?

ワンオペ育児のストレスの原因は周囲の協力や理解がないまま子育てをしていることにあるので、子供とあなたが完全に離れることが多くなればストレスも軽減します

実家やパートナーの協力が一切望めないワンオペ育児は1人で子供と完全に離れるのは至難の業なので、お金は多少かかりますが民間のサービスを使います。

子供に習い事をさせる

習い事が託児サービスのようなものと考えて1人の時間を作る考え方です

週に1回の習い事は子供が慣れてくれば日常になっていくらか手が空きます

習い事は月にいくらという月謝制でだいたい5000~7000円くらいの相場

子供の習い事は種目やコースによりますが、だいたい1時間前後です

習い事のメリットは兄弟割引があるということ…

週に1回土日にベビーシッターや民間の預かりサービスに預けるよりは安い方なんですね

サッカー、ゴルフ、スケート、テニス、スイミングスクール、ピアノなど…道具をそろえる必要のある習い事はお金がかかりますが、

陸上や体操などの身体を動かすだけ系はシューズと運動できる服装くらい

そろばん、英会話教室、くもんなどの塾は道具といってもテキスト代くらいなのでそんなにお金がかかりません

公民館や市営体育館などで開いている習い事は月謝も安くねらい目です

託児付きサービスを利用する

どうしても子供と離れるのが不安だったり、習い事どころではない場合は託児付きサービスを利用してはどうでしょうか

美容室や整体など、お店のスタッフ以外の保育士スタッフがいるところは施術が終わるまで子供の相手をしてくれるので非常におすすめです

(※託児料が無料のところもあれば別途料金がかかるところもあるので託児付きサービスをしているお店に直接問い合わせてください)

私は子供が小学校に入ってからはキッズスペース付きの美容室に通っています

その美容室のキッズスペースがなかなかに良い空間で、私の散髪が終わって娘に「帰るよー」と呼んだ時に「もう帰るの?まだいたい~」と駄々をこねるほど居心地が良いのです

子供にとって居心地の良いキッズスペースだとそっちに気を取られて、親は子供の手が離れてリラックスできるんですね。

出張○○を利用する

サービスの出張バージョンもおすすめ。

自分の気分がすぐれないときや体調が悪いときに家に来てもらってサービスを受けるというもの…

これは子供が出張サービスのスタッフに気が向くためサービスを受けている時間はあまり子供に手を煩わせられることはありません

骨盤マッサージ、整体、美容室、家事代行サービスなど、

店に行くよりは割高のところもありますが、家に来てくれるので動かなくてラクなんです。

子供と完全に離れられるおすすめの預け場所

民間の子供預かりサービス

ファミリーサポート、キッズシッター、民間学童・・・

いろいろありますが自分に合った預かりサービスを使うと良いです。

家事代行もしてくれるキッズシッター会社のキッズライン

キッズライン – 1時間1000円から安心安全のベビーシッター
業界最安値で安全安心のベビーシッターサービス。全員面談と研修を経たベビーシッターで、病児保育等の急な依頼に対応できる方も登録しています。入会金不要で手続きもオンラインで簡単!すぐにご利用いただけます。

シッターごとに料金やサービスが違います。

子供好きな学生からベテラン保育士まで揃っていて、家の近くのシッターでも用事がある地域のシッターでも子供を預けることができて使い勝手が非常に良いです。

IKEAのキッズ預かりもおすすめ

IKEAのキッズ預かりサービスのスモーランド

スモーランド(お子さまお預かりサービス) - IKEA
スウェーデンの森をイメージしたプレイルーム。ゆっくりお買い物を楽しんでいただけるよう、お子さまを一時お預かりするサービスです。

買い物している間に1時間無料で預かってくれるサービスです

知人がIKEAのすぐ近くに住んでいて

子供を1時間預けている間に店の中を1人で見て回ったり

ビストロレストランやスナックコーナーでゆっくりお茶したり読書をして1時間後子供を迎えに行くということをしているみたいです。

休む技術

ワンオペ育児は体力、気力、忍耐力を総動員しているため、身体と心が同時に疲れ果てていますし、休めるときに休んでおかないと身体や心がガタついてきます。

子育ては子供を育てている人が休むことも含まれています。

疲れたら休むのは当然のことでいけないことでもなんでもないです。

ワンオペ育児ならなおさら子供を育てている人間はあなたしかいないのでしょう?

休まずにずっと動いていてある日突然倒れて救急車で運ばれて入院

もしくは

発狂したり、うつ病などの心の病気になって育児ができなくなる

本末転倒ですよね。

そうならないためにも、必ず日常に休みを組み込んでください。

頭を空っぽにする

あれしなきゃこれしなきゃ、このままじゃだめだああしようこうしよう、でもこれができなくて困った…そんなことをやっているばあいじゃないのにあーだこーだと頭の中が忙しすぎませんか?

そんなときに子供のワガママやグズグズ、イヤイヤが発生すると

ああああああああああああああああああああああああああああ

って発狂しそうになりますよね。

1日に1回頭の中を一旦クリアにすることをお勧めします。

スマホもパソコンもテレビもなにもなしでボ―――ッとする時間をつくります。

これはネガティブ思考のクセをストップするやり方で、

ボ―――ッとすることで頭の思考の停止ボタンを押してあげます。

ボ―――ッとすることは思考をリセットすることなんです

これができるとスゥっと気持ちが軽くなります

さぁ、Let's ボ―――ッ‼

とにかく眠る

色んな所に出かける休日や家のことをやっつける休日もよいのですが、意外と疲れるんですよね…

休んだはずなのに疲れが全然とれないのは身体が疲れている証拠

体力と気力がないときはとにかく眠るに限ります。

「そんな時間取れないよ‼‼」と思うかもしれませんが、

あなたをリフレッシュさせるための戦略的な仮眠タイムを強引に組み込みます。

以前営業の仕事をしていたときにお客さんが昼休みにお昼寝サービスの店を利用していました。

家に帰ると全然時間がないから会社の昼休みを使ってお昼寝をしているとか…

新しいことをして小さな刺激をつくる

毎日同じことの繰り返しで日常がつまらない、

ずーっとやることが決まっていてつまらない…

けど、どうしたらいいかわからないというときは意識して新しいことを取り入れます。

たとえば

私はあまりお花に興味がなくて花屋で自分のためにお花を買ったことがなかったんですね。

刺激のある日をつくるために、初めて花屋でお花を買うということをしました。

それだけで刺激があって気分転換になったし、

お花を飾って気付いたことがひとつ

お花ってきれいだなぁってその時初めて思ったんです

こういう気付きが刺激になって、その日は1日じゅう心が充実していました。

紙に書いて吐き出す

子供が寝た後にやっています。

ちょっとした振り返りなら5分

しっかり自分を見つめなおしたいなら15分

時間を決めてノートや紙に書いて吐き出すんですね

子供にガミガミ怒る自分や

どうしたら穏やかに子供に接することが出来るのか?

理想の自分、理想の生活、理想の子育てについて

紙に思いついたことを全て書いていきます。

単語だけでもいいし、文章にしてもいいし、箇条書きでもOK

その時の心の状態を書き出すと自分の意外な気持ちを知ったり大切なことに気付くことが出来ます。

歩くことに集中する

私は散策が大好きなんですが、普段の生活や子供のことをシャットアウトして、街並みを感じながら街歩きをしていると頭の中がクリアになっていきます。

家の近所でもよいのですが、どうしても知り合いに会ったり子供のことが頭にちらつくことがあるので家から離れた場所で歩くとよいです。

おすすめは知らない街や河川敷や海が見える海岸通り、

雨が降っているときは巨大ショッピングモールの中など…

巨大ショッピングモールは子供の一時預かりサービスがあるのでちょうどいいです。

まとめ

以上、休みが欲しい!ワンオペ育児の休み方でした。

子育ては本来なら家族で、夫婦で、周囲の人間の手助けで成り立つものです。

人間はずっと動き回っていられません。そういう風にできています。

しかも思い通りにいかない子育てならなおさら疲れます。

疲れても動けるのは気力で動いているだけなのでそれが続くとバッタリ突然倒れてもおかしくありません。

休みがない、時間がないと言っているままではいつまでも休みはありませんよ!

自分だけの時間を作って子供と完全に離れる機会を強引につくってしまうのがワンオペ育児の上手な休み方なんですね。

私は美味しいものを食べるのが好きなので子育てで発狂しそうなときは美味しいものを食べに行きます

自分だけの時間があると心に余裕が生まれてストレスが軽減し子供に穏やかに接する機会が増えます。

完璧は目指さなくてOK、興味を持ったら気軽にホイホイっと手を出すくらいの気持ちでトライしてみてくださいね♪

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました