家に来る宗教勧誘をはっきり断れない人のための対処法

耳より情報
Sponsored Link

宗教の勧誘ってこちらの都合を全く考えず一方的でとっても迷惑ですよね。

「ちょっといいですか?」「すぐ済みますので…」

と話しかけてきていつの間にか1時間経っていたり、

外で勧誘されたときはどこまでも後をついて来たり…

はっきりと「迷惑です‼‼要りません‼‼警察呼びますよ‼‼」と

言えればいいけれど、

それができなくて困っているあなたは今まで何度も嫌な思いをしてきたと思います。

どうしたら諦めてくれるのか?

なにをすれば話しかけられないようになるのか?

困っていると誰かに相談すると

勧誘されたくなかったらハッキリ嫌だと断ればいいと言われてしまう…

それが出来たらこうして悩んだり苦労なんてしませんよね。

以前の私もあなたと同じようにハッキリ断れなくて困っていました。

悪い人じゃないんだけど断りづらい…

でも無下にするのも何だか悪いなと思い何か理由を付けて断るけれど

「それじゃあ…!」と食い下がってくる。

どうしたら断らずに勧誘を諦めてもらえるのか?

【本記事の内容】

  • なぜあなたは宗教勧誘によくあうのか?
  • 家に来るしつこい宗教勧誘の対処法
  • 本来の布教活動とは…

宗教の勧誘をされて

『ハッキリ断れない。断らずに勧誘されない方法を知りたい。』

『断っても断ってもしつこく食い下がられる。どうしたらいいのか教えてほしい』

『諦めてもらえず困っている。諦めてもらうにはどうすれば?』

というあなたはぜひ記事をご覧ください。

Sponsored Link

なぜあなたは宗教勧誘によくあうのか?

なぜあなたは宗教勧誘によくあうのか?

結論から言うと・・・

ズバリ‼‼宗教の勧誘はハッキリ断れない人を選んで勧誘しているからです。

20代のときに東京駅からすぐのカフェで働いていたとき、

改札を出た途端に断ってもしつこく食い下がる宗教団体の勧誘員が数人いました。

私を含めたほとんどのスタッフがその宗教団体の勧誘の餌食に…

断っても断ってもしつこく食い下がってくるので迷惑。

しかも急いでいるときも小走りで声をかけてくる…

ユキ
ユキ猫

ちょっと走ったくらいでは追いつかれてしまい、改札を出たと同時に猛ダッシュで逃げなければ振り切れないというしつこさだったんだ…

 

そ、それは大変だったね

総武快速線のホームから近い、東京駅の丸の内地下北口の改札を出て大丸の方に出る直線100メートルほどの通路があります。

朝早くと夜遅くは人通りがあまりなくて、人混みに紛れることもできず、誰かに助けを呼ぶこともできない場所なので、勧誘にはうってつけだったのかもしれませんが、

勧誘された方はたまったもんじゃないです。

カフェで働く子の中にはイケメンも美少女もいましたが、関係なく勧誘の餌食になっていました。

しかし、この改札を使っているスタッフの中で1人だけ宗教団体の勧誘の声をかけられない猛者が!!

生まれてこのかた宗教勧誘は一度も受けたことがないという人でした。

カフェの店長です。

羨ましい‼‼

試しに店長に頼んで一緒に改札を通ってもらったら全然話しかけられない!??

それで声をかけられるのとかけられない違いって何だろうって思ったんです。

私は外へ出ると誰かから道を聞かれたり、

知らないおばちゃんから世間話をされたり、

子供を連れていると

通りすがりのおじいちゃんおばあちゃんから子供にとよくお菓子をもらったりします。

今までのどの職場の人からも初対面でも話しかけやすい雰囲気を持っていて、

話を聞いてもらえそうな顔をしているからつい話しちゃうのよねと言われてきました。

あなたも私と同じようなことを言われたことがあるんじゃないかと思います。

対する、宗教勧誘に生まれてこのかた遭ったことがない店長は私のようなことにはならないとか…

店長は私と同い年の女性でキリっとした雰囲気が出ている人でした。

普通にしていても初対面で目をそらされたり、

顔が怖いと怖がられたりしてショックを受けていて、

私のようにみんなから話しかけられるほうが羨ましいと言っていました。

まさに、「ないものねだり」、「隣の芝生は青く見える」…

宗教勧誘に遭わない人がそもそも勧誘の声をかけられない理由はここなんですね。

  • 顔が怖いかそうでないか
  • 話を聞いてくれそうか、聞いてくれなさそうか
  • 断られそうか、断られなさそうか

見た目で判断されているわけです

「世界中の人に」「全人類に」という勧誘をしておきながら、

実は話を聞いてくれそうな顔をしている人で選んでいる…

まったく失礼な話ですよね‼‼

家に来るしつこい宗教勧誘の対処法

家に来るしつこい宗教勧誘の対処法

息子が赤ちゃんの時にお昼寝でウトウトしてもう少しで寝てくれる…!

ってときに♪ピンポォーン…

音で起きた息子はギャアアアアとギャン泣き、せっかくの苦労が水の泡に…

この時間は子供を寝かせる時間だから来てくれるなと注意しても、

何度もしつこく来て息子はギャン泣き…

出るまでピンポンを押され続けてとても迷惑でした。

でも、この後に紹介する方法を取り入れたら、全く勧誘が来なくなりました。

お断りステッカーと3つの注意点

まず、今すぐ勧誘お断りステッカーを購入してください。

インターホン横とポスト、マンションやアパートに住んでいる人は集合ポストにも用意します。

勧誘お断りステッカーをしているのとしてないのでは全く効果が違います‼‼

息子のお昼寝の時間にしつこくピンポンを鳴らされるのがイヤで、このステッカーの効力を聞いて試しに張り付けたところ、勧誘が格段に減りました。

それまで毎月入っていた宗教関係の冊子や刊行物、チラシは半年に1~2枚くらいの頻度になったのです。

ついでに宗教だけじゃなくフリーペーパーやマンション、不動産、ピザなどの他の勧誘物のチラシも全く入らなくなるので不要なチラシが多くて困っている人にもこのステッカーはおすすめ。

次は実際に家に訪問されたときのコツをお伝えします↓↓

①ドア越しもしくはインターホン越しで対応する

居留守を使っても勧誘の訪問自体は辞めてもらえないので居留守はNGです。

きちんと正しい対処をしない限りは諦めてもらえないので要注意!

実際に訪問勧誘が来た時は

ドア越しorインターホン越しで対応します。

絶対にドアを開けないでください‼

ドアを開けること自体が勧誘員にとっては話を聞いてもらえるという行為に取られてしまいます!

「ちょっとよろしいでしょうか?」

「近くでボランティアセミナーを開いているので出てきてくれませんか?」

といった誘い文句でドアを開けさせようとします。

ユキ
ユキ猫

どこどこのだれだれと名乗らず、話の内容を話し始めるので=怪しい宗教なのですぐにわかるよ!

どちらさまでしょうか?と尋ねてもシーン…としている場合もドアを開けてはいけません!

名乗らず黙っていることそのものがドアを開けさせる作戦だからです。

全く名乗らないのは、名乗れないような怪しい人間ですと自ら宣言しているようなものなので、相手にしません。

②宣言する

はっきり断れないあなたは、

「今は忙しい」
「今日は用事がある」
「明日は子供の…」

というように断っていませんか?

これは断りに対する営業をしてくれと言っているようなもので、

余計な情報を勧誘員に与えてしまっているので、

「じゃあ明日また来ます」「お子さんがいらっしゃるのなら…」

みたいにしつこく食い下がられてしまうんですね。

宗教の勧誘は名乗っても名乗らなくても、

これこれこういうことしてますよと話し出すので、こう言います

「宗教は迷惑なのでお断りしております!お引き取り下さい」

もしくは

「宗教は全く興味がないのでお断りしております!お引き取り下さい」

宣言します

あなたはもう二度と宗教勧誘に来てほしくないんですよね。

そんな相手には~だからできないという断る理由をなんて話さなくてもいいんですよ!

もう勧誘員が話の途中でも、話を最後まで聞かずに上のセリフを宣言してください

すぐに対応できるように玄関にこのセリフを書いた紙を貼り付けるか、インターホンの受話器のところにメモを貼っておいてください

このセリフを宣言するだけで勧誘の頻度が落ちます。

そもそも宗教の勧誘は営業と同じでこの断りにはこの文句というように戦略の上で訪問しています。

営業の仕事をしていたときにお客さんの断りに対しての営業文句のマニュアルがあって、

お客さんから「要らない」「迷惑」「興味ない」「警察を呼ぶ」というワードが出てこない限りはどんどん声をかけて営業するようにという主婦雑誌程の厚みのあるマニュアルをポンと手渡されてそれを全部暗記するんですよ…

これって宗教の勧誘みたいだなぁと思っていました。

私が宗教の勧誘を撃退できるようになったのは営業のマニュアルを読んだからなんですね。

ハッキリと断れないのは実際に相手を見て、相手の物腰柔らかそうな雰囲気を感じたり、むげに断ったら悪いと思うような外見をしているから言いづらいのです。

宗教勧誘は勧誘員をわざとそういう人にしています。

ごく稀に

「せっかくだから…」「すぐ済みますので…」

としつこい宗派もありますが、そんなときは「警察呼びます」のひと言を出すと諦めてくれます。

勧誘員はこちらがはっきり断れないのことをいいことに「ちょっと悪いかなぁ…」というあなたの罪悪感を利用していろいろとしつこく迫るのです。

何か言ってきても無視!その場を離れて一切相手にしません

断るためにドアを開けるなんてことは絶対にしないでください

あなたが断るためだけにドアを開けたとしても、勧誘してくる人にとっては

ドアを開ける=話を聞いてもらえる

すなわち宗教を受け入れてくれる人になってしまうのです。

③冊子や刊行物を受け取らない

勧誘員はこちらがドアを開けない…というのがわかると

「冊子をドアポストに入れておきますから後で読んでくださいね」

とポストにチラシを勝手に入れてきます。

冊子や刊行物を入れられても捨てれば済む…のではありません‼

これをネタに次回の訪問のカモにされます

「刊行物や冊子は受け取っておりませんお引き取り下さい」と返しましょう!

ポストに入れられているのを捨てても、

直接冊子や刊行物を受け取ったことになってしまうからです!

3日~1週間後くらいにまた訪問されて、

「読んでくれましたか?」と感想を聞きたいと、

ちょっとだけだから出てきてくれとドアを明けさせようとしてきます

また、集合ポストや外のポストに勝手に入れておいて、

突然訪問してくる宗派もあるので注意!

これも知らず知らずのうちに刊行物を受け取ったという事実になってしまうのです

困りますよね・・・

そうさせないために、最初に用意したお断りステッカーが効果を発揮します。

ただし、

お断りステッカーを貼っていてもなお入れてくる団体があるので

ステッカーの宣言通り警察に相談しましょう

ハッタリじゃないことを証明するのです!!

家族にも徹底させて宗教勧誘をブロックする

どこの宗教団体も子どもがいる家庭を一番に狙ってきます

「子どもの未来のため」とは言っていますが、

実際には自分の団体へのお布施と勧誘員自身の成績しか頭にありません。

家の近くでの待ち伏せタイプの勧誘員だと、

学校から帰ってきた何も知らない子どもに

「お母さんに渡しておいてね」と冊子や刊行物を渡しておいて

後日、それをネタに再訪問してきます。

いくらお断りステッカーを貼っていても、

子どもに渡すことでいつの間にかあなたが受け取ったことになってしまうのです。

「子どものため」と言いながら子どもを利用してあの手この手で勧誘してくる。

私が子供の頃に、勧誘員に家の玄関前で待ち伏せされていたのを知らずに母親への客だと思い、どうぞどうぞとドアを開いて中に招き入れてしまったことがあります。

それが発端でしつこい勧誘をかけられることに…

また、しつこい勧誘をかけられているときに別の団体も来ることがあります。

あそこの家はドアを開けているから宗教の話を聞いてくれると調査目的で近所を回っている他の宗教団体の人が目ざとく発見するので、ドアを開けて対応するのは危険です‼

ユキ
ユキ

別の団体も来るということはもうすでにエリア内の宗教団体からロックオンされていて、他の団体に入信されないように勧誘員を統括しているマネージャーみたいな人が来るようになるよ!

必ず家族や子どもにも徹底させて家族で勧誘をブロックしてください!

他の家族や子どもがこれを知らないとせっかく勧誘をブロックしているのが台無しになります。

本来の布教活動とは…

本来の布教活動とは…

息子がまだ生まれたばかりの時に1度だけキリスト教の神父さんから勧誘を受けたことがあります

「どこどこの宗派の○○教会の△△と申します、今お時間はありますか?」

という低姿勢で、こちらの都合をうかがった丁寧な勧誘でした。

断ると冊子も入れず刊行物もなく、ドア越しでもきちんとお辞儀をして帰って行き、二度と来ることはありませんでしたよ。

相手のことを思いやる、気遣うといった態度にとても好感を持ちました。

この時の神父さんの布教活動の仕方が本来の宗教の勧誘なんだと思います。

今のほとんどの宗教団体は、

話を聞いてもらえることを前提に宗教の勧誘をしてきます。

勧誘員は自分の都合だけしか考えていません。

話しかける言葉は丁寧ですが、姿勢が全く丁寧ではないのです。

嫌だって言ってるのに諦めてくれない勧誘員は

人に迷惑をかけているという自覚が全くなく、

自分のしていることは正しいことだと信じているのでタチが悪いんですね。

なので、

あなたの話を全く聞いてくれない勧誘員の話なんて

聞く必要は全くありません!

あなたにとても失礼なことをしているのは勧誘員のほうです。

あなたの人の良さや断れないことに付け込んで、

言うことを聞いてくれるまでしつこく勧誘するのはズルいやり方です。

少しも対等でもないし、全くフェアではありません。

ハッキリ断れないあなたを最初からターゲットにしているあたりおかしな話です。

まとめ

以上『家に来る宗教勧誘をはっきり断れない人のための対処法』でした。

宗教勧誘は家に訪問する時点で、ハッキリ断れないあなたや家族を入信させる戦略がすでに始まっています。

話を聞いてくれて言うことを聞いてくれるだろうという前提で勧誘してきます。

嫌がっているのにやめてくれない…

そんな人に敬意を表したいですか?

せっかく家まで来てくれて悪いと思いますか?

宗教の勧誘を勧誘員に諦めてもらいたい人は

お断りステッカーを貼り付けて

絶対にドアを開けずに

  1. ドア越しやインターホン越しで対応
  2. 「宗教は全く興味がない」と宣言
  3. 冊子や刊行物など、何も受け取らない

の 3つだけです‼‼

これを家族にも徹底して勧誘する理由を与えないようにしましょう

お断りステッカーとこの3つのことを守れば宗教の勧誘は激減します。

新聞や生命保険、怪しいセールスなどのほかの勧誘の断りにも応用できます。

ぜひ、この方法を使って迷惑な宗教勧誘を撃退してくださいね!

 

断れるようになりたいあなたにオススメの本

「断れなくて損している」を簡単になくせる本

 

タイトルとURLをコピーしました