残ったクリスマスケーキの保存方法とアレンジおやつ

子育て
Sponsored Link

待ちに待ったクリスマス!

子供のために張り切って用意したはいいけれど、クリスマスケーキっていつも残りませんか?

今回は

  • 残ったクリスマスケーキを冷蔵庫に入れておいたら翌日はカサカサのケーキになっていてあまり美味しくなくなってしまう
  • 余ったクリスマスケーキをアレンジしたおやつにしたい

という悩みを持つあなたに残ったクリスマスケーキの保存方法や残ったクリスマスケーキをアレンジしたおやつを紹介します。

Sponsored Link

残ったクリスマスケーキの保存方法

翌日も食べるならケーキのスポンジ生地やクリームは乾燥に弱いのでカットしてラップに包んで冷蔵庫に入れます

これをしないとガビガビスッカスカのスポンジ生地(カステラ部分)、ホイップクリームがかっぴんかっぴんになるんです…

ラップだけだと形が崩れたり、べちゃっと倒れてしまうので高さのあるタッパーをひっくり返して使ったり、1000円前後でケーキ保存ケースが売っているのでそれを購入するという手もあります

ガラス製のものだと重いし、欠けたり割れたりすることもあるのでプラスチック製品がおすすめです

もうクリスマスケーキはじゅうぶん!見たくない!!気の向いた時に食べたいというのであれば冷凍庫で冷凍します

ケーキをカットしてラップに包んでから冷凍し、食べる日の1時間くらい前に冷凍庫で解凍します。

常温で解凍したり、レンジで解凍するとクリームの水分がびちゃっとなるので必ず冷蔵庫で解凍してください。

残ったクリスマスケーキアレンジおやつ

クリスマスだけでなくお誕生日ケーキなど普段のケーキでもできる方法なのでケーキが余った時にやってみてください。

アイスクリームにトッピング

上の画像のようにアイスクリーム店のコールドストーンクリーマリーみたいにアイスクリームと混ぜるだけ。

バニラ、チョコ、ストロベリー、ミルクティー、コーヒー味など…

子供でも簡単に作れるのでおすすめ!

チョコソースをかけたりしてもいいですね

クレープの中身にする

これはそのまま中身に使えるので楽ちんです!

ぐちゃぐちゃに混ぜてしまってもいいし、そのままカットしたものを焼いたクレープ生地に包んだら完成!

アイスクリームやフルーツを用意しておくと飽きることなく美味しく食べることが出来ます

ツナや卵、ウィンナーなどのおかず系も一緒に用意して翌日のランチにしてもOKです

パーツごとに分けて別々に使う

例えば苺のショートケーキは

苺、ホイップクリーム、スポンジ部分に分けて、

苺はジャム、ホイップクリームはコーヒーやココアに入れたり、スポンジ部分はラスクにしたり…

チーズケーキ系だと、クラッカーの上にのせておつまみにしたり、

モンブランであれば、スポンジ部分やクッキータルト部分をよけてモンブランクリームにしてトーストに塗ったり…

という使い方ができます。

まとめ

以上、「残ったクリスマスケーキの保存方法とアレンジおやつ」でした

翌日にも食べる場合はラップをして冷蔵庫

日にちを開けて食べる場合はラップをして冷凍庫に入れて、食べる前に冷蔵庫で解凍します

残ったクリスマスケーキをアレンジしておやつにする場合は

アイスクリームのトッピングやクレープの中身、パーツ事に分けて使うこともできます。

クリスマスケーキだけでなくお誕生日や記念日のケーキやカットケーキにも応用できるのでぜひトライしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました