もしかしてうちの子は発達障害!?子供の発達障害の症状に困った時にすることまとめ

子育て
Sponsored Link

子供が発達障害かもしれないという相談を友人や知人、ママ友にしたら

「そんなの普通だよ、みんな同じだよ」と言われて終わってしまったり、

発達障害を全く知らない人から子供を障害者扱いするなんて酷い親だと言われたり、

問題があるのは母親であるあなたの方だと責められて、子供の状態とそれに振り回され続ける自分を誰にもパートナーでさえ理解してもらえない毎日

子供の発達障害を診てくれる病院は1年先まで予約でいっぱいだし、予約する電話が5分以内にすぐに締め切られてしまい、いつになったら診てもらえるのかわからない

その上、子供と全くコミュニケーションが取れずどう接したらよいかわからないまま問題がどんどん山積みになっていく…

こんなの1人じゃ解決できないしやっていけない‼‼

地域の子育てセンターに相談しても「なんとか頑張ってください」と言われるだけで結局1人で何とかしなければならない状態であることに変わりなかったり…

もう発狂しそうですよね

この記事では

  • 発達障害かもしれない子供を病院ですぐに診てもらうにはどうすればよいか
  • 発達障害を周囲に相談してもなかなか理解してもらえない
  • 子供にどう接すればいいかわからない

というお悩みがあるあなたに向けた記事となっています

最後まで読むと

  • どうしたら子供の発達障害を周囲に理解してもらえるのか?
  • 子供の自閉症スペクトラムに対する接し方対策
  • それでも理解されないときの気持ちの持ちよう

がわかります

Sponsored Link

教育センターや発達センターを通して病院の予約枠を取る

子供の発達障害を診てくれる病院はとても少なくて、予約日に電話をして予約が取れても早くて半年先という…

予約日に電話が繋がらずやっと通じたと思ったら「予約を締め切りました」と予約さえ取れない状況ですよね

予約がなかなか取れないのでみんなどうやって予約を取っているのか病院の予約受付の方に別の日に聞いてみました。

親1人が電話をするのではなく、 家族や友人知人に協力してもらって時間になったら一斉に予約の電話をかけているそうです。

家族が協力してくれるところが有利になるなんて…困ってしまいますよね…

でもあきらめないで!

協力してくれる人がいない人は教育センターや発達センターの予約枠を使いましょう。

子供がまだ小学校に入学する前なら発達センターに

小学生以上なら教育センターへ

相談しにいって家族が全く協力してくれない、理解してもらえないこと、病院の予約が全く取れないことを相談の度に強く訴えて下さい。

うちはそれまで2年も毎月電話をかけ続けていて予約がとれなかったけれど、教育センターの予約枠を使って予約できるようになりました。

発達障害の診断が出ないグレーゾーンの支援

息子が不登校になってからコミュニケーションが取れない点で発達障害について調べていたので

息子の状態はおそらく自閉症スペクトラムではないのか…!?

という確信があり、病院や教育センターに相談して予約枠を使ってやっと病院で診てもらったのですが、発達障害の診断が出なかったんですね。

発達障害の症状があって日常生活に支障が出ているのに発達障害の診断が出ていないのを発達障害グレーゾーンといいます。

グレーゾーンの悲しいところなのですが、発達障害は病院によって診断があやふやなので診てもらった病院の先生のやり方に左右されるところが大きいです。

私はADHDグレーゾーンですが、診てもらった病院の先生からあとは自分で調べて対策とって下さいねと丸投げされて終了でした…

診断が出たら国の支援が受けられる申請ができるので日常生活に支障が出ているのであれば発達障害を診てくれる病院に早めに行った方がいいですよ!

民間の支援団体はありますが月5万~10万円ほどのお金がかかるのでお金に余裕がある人は支援してもらえますが、うちは母子家庭…私と子供の分でも月最低10万円以上…そんな余裕どこにもないので自分で何とかしなければならなくて途方に暮れていました。

上手くいかなさすぎる子育てと周囲の無理解も相まって、躁うつ病を患いうつ状態のときは布団の中から出られず、仕事どころではないし生活も一時期滅茶苦茶に…

そんなとき、息子のこだわりがありすぎる状態を息子の学校のクラスの担任の先生に相談していたところ、幸い担任の先生が発達障害の知識があり通級指導教室というものがあるとわかりました。

小・中学校に通っている子供なら通級指導教室がある

小学校の担任の先生からの紹介で通級指導教室(通称:通級)というところに通って発達障害の子供に合わせた社会的なコミュニケーションを学ぶ方法があると聞いて、教育センターを通してその通級の申し込みをしました。

うちは不登校になって学校に行けなくなってから発達障害だとわかったので、通級に通いながら在籍している学校と行き来をして転校をしない方向で話を進めていますが、新しく通級に転校する子もいますし、最初から通級に通う子もいます。

通級に通うか決めるのは子供の親なので、それについて行かせた方がいいか行かせないで通常の小学校で頑張るかというお悩みもあります

学校の先生からの紹介で通級に通いたいと教育センターに連絡すると通級の見学や申し込みの仕方を説明されて、トントン拍子で話が進みました。

それまで、息子の状態を教育センターに相談しても病院で発達診断の診断が出てないからなんとか頑張ってねと言われるだけだったのに、なにこの変わりよう‼‼

できるんだったら最初から紹介してよヽ(`Д´)ノプンプン

発達障害の診断が出ないうちの支援は学校からの紹介だとすっと通るようです

通級指導教室に通う手はずを整えるために病院の診断書が必要ということで教育センターから紹介された小児科で欲しかった答えがありました。

普通の小児科で発達障害の子供も診ている病院で、予約枠で予約した病院よりずっと家に近いところで、約のとれない病院の予約枠をわざわざとって診てもらうよりも最初からこの小児科を紹介してほしかったです。

発達障害グレーゾーンの子供に対する接し方

自閉症スペクトラムの場合

息子の症状は自閉症スペクトラムというものだったので症状と接し方対策をここに書いておきますね。

  1. 自分の想いややり方、ペースが最優先
  2. 切り替えが悪い
  3. 強いこだわり、好きすぎることがある
  4. マイルール
  5. 言葉のとらえ方がおかしい:文字通り受け取る(たとえ話や冗談が通じない)、行間が読めない(物語、文章の説明がわからない)
  6. 目からの情報は入りやすい(視覚化されたものがあると理解しやすい反面、目に入るものに気が散ってしまう)
  7. 音、光、感触に対する感覚過敏(敏感すぎる)
  8. 集団より個人
  9. 人の想いを推し量ることが苦手(よく言えばマイペース、悪く言えばKY)
  10. 人見知り、場所見知りをする

といったもので、その対策も丁寧に教えていただきました

  • 指示やルールを明確にする
  • 行動を具体的に指示する
  • 後出しルールはNGで最初に条件を出す
  • 始める時間を選ばせる

の4つです。

指示やルールを明確にする

発達障害の特性を持つ子供は「フツーわかるよね!?」といったことがわかりません。

1を聞いて1しか理解しないので拡大解釈ができないのです。

例えば息子に「部屋を片付けて」と言ったら「はーい」と返事はしますが片付けません。

息子にしてみるとママが部屋を片付けてと言ったのはわかったよという返事が「はーい」で、おもちゃを片付けるという行動に出てほしいことまではわからないので行動に出ません。

これに対する本来の息子への指示は

「部屋の中のおもちゃを全部片付けて!」と言わなければわかってもらえません。

行動を具体的に指示する

しかし、息子の場合は「部屋の中のおもちゃを全部片づけて!」でもまだ不十分で、

「はい、片付けたよ!」という声で部屋の中を見ると全部片付いてないときがあります。

息子の中で“おもちゃ”であるものとそうでないものが部屋に散らかっている場合、

そうでないものは片付けません。

学校の鞄や筆記用具、はさみやペン、のり、テープなどの文房具、漫画、鼻をかんだティッシュのゴミ…

こうなってくるとかなり面倒くさいです。

「部屋のおもちゃを全部片付けた後におもちゃ以外のものを元の場所に戻して、ゴミはゴミ箱に捨てて」という指示が正解だと思うでしょう?

でもこの指示は今度は長すぎて覚えてられないという罠があって、部屋のおもちゃを全部片づけた後の指示を忘れてしまうのです…

なのでおもちゃを片付けた後に、

じゃあ次は「おもちゃ以外のものを元の場所にしまって」という指示を出して、それが終わった後に「鼻をかんだティッシュのゴミはゴミ箱へ捨てる」という指示をいちいち1回1回ださなければ息子は理解して行動しません。

後出しルールはNG。条件を明確にする

以前子供たちにゲームをさせていたときに、ゲームは1日2時間までというルールでしたが…

寝る時間になってから始めようとしていたときがあってルールを変更したのですが…

ルール変更がうまく行きませんでした。

ママは1日2時間やっていいって言ったよ!と新しく夜寝る時間はゲームしないという変更したルールを無視して都合よく夜私が寝ている時でもするようになったのです。

今思えば、切り替えが悪い息子に最初から寝る時間はゲームはしないという条件のルールを設定していなかったばかりに起きたことだとわかりますが、

ゲーム禁止期間のペナルティーを与えても全く反省せずに私の目が届かないところでやり放題、都合よく最初の1日2時間までというルールを持ち出してはルールを守らない子供たちに対して今ではゲームをすることは一切禁止にして、家の中にゲームがない状態にしています。

これをしたらゲーム禁止と言われてもゲーム機が家にあるとゲームをするためにあの手この手で私に嫌がらせをする息子でした。

始める時間を選ばせる

例えば宿題の時間を決めるとき、午後4時までに終わらせてというと午後3時59分から宿題を始めてしまい終わりません。

1分で終わらせるなんて到底できないのですが、息子本人はその時間までに終わるように考えることができません。

なんで1分前に始めるのか?という質問をしたら

大真面目で「1分で終わると思ったから」という答えが返ってきます。

この対策は始める時間を選ばせます

午後3時から宿題を始めるか、それとも宿題をしないで遊んで学校の先生に叱られるか

本人にとってベストかペナルティーになるかの2択を与えるとうまくいきます。

やってほしいこと、やらなければならないことに対する効果が抜群です。

他人に理解してもらうためにスマイルプランを作る

紹介された小児科で他人への理解への対策を教えていただきました

これに対しての対策はスマイルプランをつくること。

スマイルプランとは取扱説明書のようなもので、自分の特性や困りごと、その対策とお願いを他人に説明できるようにしておくものです

わたしのトリセツというものがあって子供だけではなく大人にも使えます

発達障害プロジェクト
NHKの複数の番組で結成した発達障害プロジェクト公式サイト。「困りごとのトリセツ(取扱説明書)」は、発達障害のある人が感じやすい「困りごと」を整理・解説し、当事者や周囲の人の体験談を集めたものです。

子供は自分で自分の状態を説明できないので、この用紙に書き込んだことを学校の先生や習い事のコーチ、友達のお母さんたちに見せて説明するとわかりやすく理解してもらえるようになります

自分の状態を説明するのが苦手な私が試しにこれを使ったところ、「ああ、わかるわかる!わたしもそうなの!!」という人ちらほらが出てきました。

周囲に理解されないときの気持ちの持ちよう

もとからそういう人だと受け止める

何を言っても何をしても涙ながらに訴えてもあなたやあなたの子供のことを責めてくる人は最初から理解する気がないのです。

そういう相手はどうしても何が何でも子供の発達障害のことを理解してもらいたい人でしょうか?

友人、パートナー、両親でさえも何度話しても子供の発達障害を理解してもらえないこともあります。

そんな人はもとからそういう人だと受け止めて、

あなた自身のどうしても理解してもらいたいという気持ちを手放しましょう。

あなたの話を聞いて子供の発達障害のことを理解してくれる人は自分の子供が発達障害やグレーゾーンの親であなたと同じように、どうにか子供とのかかわり方を探している親です。

ツイッターやフェイスブックで探したり、ペアレントトレーニングに来ている人と連絡を取り合ったり、あなたの話を聞いてくれる人を常に探してくださいね!

mixi(ミクシィ)の障害グレーゾーン(発達障害他)コミュニティ掲示板もおすすめです

あなたがこのブログにたどり着いたように、探し続けていればきっとあなたの話を聞いてくれる人にも出会えます。

親自身がうつ病や精神的に不安定になってしまった場合

下のリンクは私のように心が不調になっているときにどうやって発達障害の特性を持つ子供をケアするか、自分の状態をどうやって子供にわかってもらうかについて書かれています

親がこころの不調になったときの子どものケアガイド - 子ども情報ステーションby ぷるすあるは
親が精神障がいやこころの不調になったときの子どものケアガイドです。精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその子どもを応援するNPO法人ぷるすあるはが、まわりの大人のみなさんに知ってほしいことをまとめました。子どもの周りの大人の方~ご家族や支援者(保健、医療、教育、福祉、地域の子育て支援など)の方~が子どもとの...

発達障害に詳しいカウンセラーに話を聞いてもらう

子供や自分自身の発達障害がきっかけでカウンセラーになる人や相談室を開くところもあります

発達障害の子供のママの駆け込み寺の「いちにちいっぽ相談室」↓

『帰省スルーのわが家、みんな「楽」』
無理なく、楽しく、続けられる「いちにちいっぽ家庭療育」で、発達凸凹ちゃんがグンと伸びる!通常学級でがんばる発達凸凹ちゃん(発達障害・グレーゾーン)の家庭療育を…

私が通っている千葉県の千葉市にある民間の発達支援相談室「まくはりママの家」↓

まくはりママの家
千葉県千葉市・幕張|育児相談・発達のお悩みなら

運動によって子供の発達の困りごとを解決したり、発達障害の子供の育て方に悩んでいる親のカウンセリングもあります。

まとめ

以上「もしかしてうちの子は発達障害!?子供の発達障害の症状に困ったときにすることまとめ」でした

赤ちゃんの時から息子はちょっと他と違う…何が違うかははっきりわからないけれど、どこか違う…と感じていたことや、もしかしてうちの子発達障害かも!?と思ってから自閉症スペクトラムというのがわかるまでに3年もかかりました。

なかなか子供の発達障害の病院の予約が取れない場合は教育センターや発達センターで相談してセンターの予約枠を使い、診断が出なかったときは学校からの紹介で教育センターを通すと通級指導教室に通える申請や発達障害に詳しい病院を紹介してくれます

まだ小学校入学前なら発達センターに相談してみて下さい

子供のことを周囲の人に理解してもらうためにはスマイルプランを作って理解を深めてもらいましょう。

また、どんなに訴えかけても理解しない人は最初からそういう人なのだと受け止めて、あなたのことやあなたの子供のことを理解してくれる人を別に探したり、発達障害専門のカウンセラー、相談室をぜひ利用してみて下さい!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました