【時短】サケと春キャベツの豆乳パスタの作り方【鮭缶】

ズボラ時短料理
Sponsored Link

『なるべく手間暇かけないパスタを作りたい』

『鮭缶を使ったレシピがあればおしえてほしい』

スパゲッティを作るときは麺を茹でて、具を炒めて、パスタソースを作って…だと、手間がかかって大変だし、鍋やフライパンの洗い物も増えて面倒くさいですよね。

結論は麺と一緒に具をゆでて、ゆでている間にパスタソースを作ると手間暇かからず時短になります。

私は料理が苦手だけど、常に美味しいものを食べたいので、いつも手間暇かけずに美味しい料理をつくっています。

本記事の内容

  • サケと春キャベツの豆乳パスタの作り方
  • コスパの良いおすすめな鮭缶
  • サケと春キャベツの豆乳パスタは簡単に作れる

なるべく手間暇かけずにパスタを作りたいあなたはぜひ記事をご覧ください。

Sponsored Link

サケと春キャベツの豆乳パスタの作り方

材料と作り方

【材料】

  • スパゲッティ麺・・・・・・・・人数分
  • 水・・・・・・・・・・・・・・スパゲッティをゆでる量
  • キャベツ・・・・・・・・・好みの量
  • 鮭缶・・・・・・・・・・・1~2缶(4人分で180g)
  • 豆乳・・・・・・・・・・・・・コンソメの人数分に準じた量
  • コンソメスープの素・・・・・・4人分で2個
  • バター(もしくはオリーブオイル)

【作り方】

  1. スパゲッティ麺をキャベツと一緒にゆでる
  2. 麺をゆでている間に別の鍋に豆乳と鮭缶とコンソメスープを入れて火にかけて豆乳ソースをつくる
  3. 茹で上がったスパゲッティ麺とキャベツのお湯を捨てて、麺が熱いうちにバターを加えてよく混ぜる
  4. 豆乳ソースをお皿に盛り付けたスパゲッティに盛り付ける

※ソースと麺を食べるまでは別々にしておくと麺が伸びない

※バターの油分のおかげで時間が経ってもスパゲッティ麺同士がくっつかない

時短のコツ

  • スパゲッティ麺を半分に折る
  • 水からキャベツと一緒にゆでる
  • 麺が余ったらほかのソースでアレンジする(インスタの写真では納豆とマヨ醤油で作っています)

インスタントソースを使う場合も同じで麺と一緒にゆでる。

こうすると、麺がゆで上がると同時に出来上がります。

 

コスパの良いおすすめな鮭缶

マルハ あけぼのさけ 180g×3個

保存料や添加物が入っていないので子供にも安心だし、塩分控えめでシンプルな味わいの水煮で、スパゲッティ以外の料理にも合います。

 

サケと春キャベツの豆乳パスタは簡単に作れる

サケの缶詰を使うとラクちん

以上、なるべく手間暇かけずに作るサケと春キャベツの豆乳パスタの作り方でした。

鮭缶を使って、キャベツと一緒にスパゲッティ麺をゆでると時短になります。

コスパの良いおすすめの鮭缶は、

マルハ あけぼのさけ 180g×3個

です。

ぜひ作ってみてくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました